In.Te株式会社

採用情報

感謝すること。
それが成長への近道である。

In.Teで働くの社員のナマの声をお届けします。

社員紹介

VOICE01

Q. In.Teに入社したきっかけを教えてください。 Q. 現在のお仕事内容を教えてください。
前の勤務先が倒産したので、やむを得ず仕事を探していたんですがそのときに出会いがありまして。大きな決め手になったのは社長との面接です。
話しやすくて、会社自体もアットホームな印象を受けました。
勤務はお客様先ですね。医療関係の顧客管理システムを開発C#でする設計からテストまでを担当しています。
Q. 働く上でやりがいに感じたこと、嬉しかったこと教えてください Q. 働く上で一番辛かったことを教えてください
それまでの自分より一歩進んだ仕事ができたときが嬉しいですね。
例えば効率性も考えて仕事を進められて、プログラムの内容が以前の自分の実績よりもよくなっている設計内容のときにも、やりがいを感じます。
プロジェクトの納期等が詰まっていて、帰りが遅くなることが多く、休日も返上となったときでしょうか。自分らしい仕事をできているのか、能力が最大限に発揮できているのかなどと忙しすぎるとどうしても考えがマイナスのほうに、陥ってしまうその状態ですね。
やりきった後にはいつも以上の達成感もあって、そこからはその達成感を原動力に頑張れるようにもなりました。
Q. 入ったころを振り返って Q. In.Teを一言で表すと?その理由は?
入社して初めての現場でリーダーを任されたことを思い出します。
よく、社長に相談をして、いろいろな問題に取り組んだ結果、解決したり。
この経験で、メンバーをまとめる力がついたな、と感じます。何事も経験してみるものですね。
おそらく皆が思うことだと思うんですが採用のときのイメージそのまま、アットホームな会社です。普段はそれぞれの現場に分かれていて毎日会わない社員同士でもミーティングなどで集まればものすごく一体感がありますよ。
誕生日会や社員旅行もあって、楽しい会社ですね。
Q. 働く上で求められるスキル、あったらいいなと思うものはありますか? Q. これからどうなっていきたいか、ビジョンを教えてください。
最近は英語力。現在、私が携わっている開発の情報がインターネットで調べても日本語のページがなくて、英語のページを見て仕事をする必要があることが増えているからです。 より多くの業種のシステムの仕事に携わり、業務知識をどんどん蓄えていく。そしてその知識を活かして、お客様の打ち合わせやシステム設計に関わっていきたいと思っています。経験を増やして、より良い仕事がどこでも任せていただけるようになりたいと思っています。

VOICE02

Q. In.Teに入社したきっかけを教えてください。 Q. 現在のお仕事内容を教えてください。
ホームページを見て、会社の雰囲気がアットホームな印象を受けました。
その後、面接で社長と話したとき、とても話しやすい人だし、楽しいだろうな、この会社って思ったんです。
電力の料金関連のシステム開発を行っております。
Javaで開発を行っております。現在は要件定義、基本設計を担当しております。
Q. 働く上でやりがいに感じたこと、嬉しかったこと教えてください Q. 働く上で一番辛かったことを教えてください
自分が設計・開発した成果物がお客様に認められ喜んでいただけたときが嬉しかったですね。お褒めの言葉も頂いて、満足な仕事になりました。 仕様変更が頻繁にというのはなかなか困ることなんですが、依頼を受けるその時期も大事で相当開発が進んでいる段階での仕様変更が大量にきたのには困りました。
仕事をする上でコミュニケーションの大切さを痛感した仕事でしたね。
Q. 入ったころを振り返って Q. In.Teを一言で表すと?その理由は?
入社して間もない頃は、まだまだ、ヒューマンスキルも未熟でした。
先輩方に業務以外に、色々社会人としての話し方や振舞い方等を教えていただいて、社会人としても人間的にも成長したと思います。
そこがとても大事でしたね。
「明るくて楽しい会社です。」
社長を始めとして、社員の皆さんが人間味に溢れた面白い人の集まりで、社員同士のコミュニケーションもあって、雰囲気がいい。
また、一人ひとりの意見もよく聞いてくれる風とおしの良さがある組織だからです。
Q. 働く上で求められるスキル、あったらいいなと思うものはありますか? Q. これからどうなっていきたいか、ビジョンを教えてください。
コミュニケーションスキル。 プログラム開発に関する技術力や業務知識等は、業務を重ねていけばある程度身に付いていきますが、コミュニケーションスキルは、業務だけでは身に付けるのは難しいからです。 プログラム開発だけでなく、設計や要件定義等、上流の工程にも携われるようになりたいですね。お客様とコミュニケーションを重要視して、プロジェクトと進めていけるような人間力のある技術者になっていきたいと思います。

VOICE03

Q. In.Teに入社したきっかけを教えてください。 Q. 現在のお仕事内容を教えてください。
Uターンでの転職を検討していたころ、社長との出会いがありました。
社長のエネルギッシュで人間味に人柄に惹かれたんです。この人と、いっしょに仕事がしたいなと思って自分の中では即決でした。人にひかれて職場を決める。
でも、職域はIT。それがこの会社の魅力でもあると思っています。
ERPパッケージ(SAP)の顧客への導入や保守・運用において、主に要件定義や設計・開発を担当しています。
Q. 働く上でやりがいに感じたこと、嬉しかったこと教えてください Q. 働く上で一番辛かったことを教えてください
システムの導入と保守の場合で違ってきますね。
導入のプロジェクトでは納期を守って、しかもコスト面も超過させずに無事にカットオーバーできたりして、自分がそこに貢献できたときに大きな達成感を感じます。
保守のプロジェクトでは障害なく安定稼働させつつ、お客様の業務の効率化に貢献できる機能の開発に携われることにやりがいを感じます。
仕事の現場はお客様の会社なので、通勤時間が長くなる土地にあることがあって、ということくらいでしょうか。特にないって言えばない感じ。
Q. 入ったころを振り返って Q. In.Teを一言で表すと?その理由は?
自分にとっては、はじめての転職だったので会社にうまく馴染めるか不安もありましたが、社長を始め、社員のみんなが歓迎してくれ、溶け込みやすい雰囲気を作ってくれましたね。社風そのものですよ。あの不安、いらない心配だねとその頃の自分がいたら教えたいです。飛び込んでよかったと思っています。 「ITエンジニアのサラダボウル」
スキルや年齢、バックグラウンドなど様々なエンジニアが揃っています。かつ、誰もがとても人間味があって面白い人材の宝庫なんですよね。
自慢できる部分です。それぞれの素材も違うけど、融合したときの一体感。
サラダに似てるなって。見た目シンプルでも味わうほどに奥行きがある、そんな感じですよ。
Q. 働く上で求められるスキル、あったらいいなと思うものはありますか? Q. これからどうなっていきたいか、ビジョンを教えてください。
この会社に限ったことではないかと思いますが、ビジネスマンとしての基本的なスキルが最も大切だと思います。商品がITであるからこそ、人間力の部分のコミュニケーションを大事に考えていれば、周囲との連携がとれて、結果ITエンジニアとしても身につくのではないでしょうか。 プログラマやSEのバックグラウンドを持ちながら、経営のわかるエンジニア・コンサルタントになりたいですね。会社全体を見渡せて、システムが活用されるようなものをおさめることができればと思っています。

VOICE04

Q. In.Teに入社したきっかけを教えてください。 Q. 現在のお仕事内容を教えてください。
人材紹介会社から、紹介され、面接で社長と話をしました。
面接というよりも、会話を楽しんでいる自分がいたんですね。それで最後に社長から「そしたら、うちでがんばってみますか?」といわれ、その一言のパワーがすごかったんです。その一言で入社の決断できました。不思議なんですけどね。言葉って、同じこと言っても全然違う印象受けますね。
大手消費者金融の、銀行保証システムの開発をJavaで行っています。
私の担当は、詳細設計、テストになります。
Q. 働く上でやりがいに感じたこと、嬉しかったこと教えてください Q. 働く上で一番辛かったことを教えてください
この仕事はお客様に技術で答えることができるのがやりがいそのものだと思っています。
でも、まだ自分は完璧ではないですし、これからの部分もたくさんあります。
頑張らなくてはと思っています。技術をどんどん身につけて行きたいです。
技術力は当然求められますが、仕事に対する前向きさが大事だと思います。
Q. 入ったころを振り返って Q. In.Teを一言で表すと?その理由は?
ITソルジャーの世界に飛び込むのは不安があったのを思い出します。
技術的に足りないのではないか、自分の実力でやれるか不安だったんですよ。でもこの仕事って案外なるようにしかならないというか、技術も必要ですが、人間力を必要とされる仕事が多いような気がしています。
「いきつけの飲み屋」
社内ミーティングなどでIn.Teにかえってくるとこの雰囲気にほっとするんですよね。
毎日の現場は違うところですから、ここで働いてる!というよりは帰ってくる場所。
安心して、ただいまって感じになれる場所ですね。
Q. 働く上で求められるスキル、あったらいいなと思うものはありますか? Q. これからどうなっていきたいか、ビジョンを教えてください。
技術力は当然求められますが、仕事に対する前向きさが大事だと思います。 ただの技術者では通用しなくなるのではないかと思っていますので、技術を身につけた上で、何らかの新しいワークスタイルが確立できるような自分でいたいと思っています。
まだ具体的には何もはじめていませんが、今に一生懸命とりくめば、おそらくここに来たときと同様に道は開けていくのかと考えています。
Copyright 2014 In.Te Co., LTD. All rights reserved.
PAGE TOP